【膵臓がんの症状・検査・治療|部位別がん情報】

発見の難しいがん

膵臓がんは、死亡件数で見ると男性5位・女性4位の頻発がんです。

 

しかし、その存在は比較的知られておらず、発見も困難な部類です。

 

そんな膵臓がんについてまとめました。

 

最適のがん検査を選べる病院マッチングサイトはコチラ

 

膵臓の位置・構造と膵臓がんの種類

膵臓は血糖値を抑えるインスリンというホルモンを分泌する臓器として知られています。

 

膵臓がやられてインスリンが出なくなると、血糖値が下がらなくなり、これが糖尿病と呼ばれるものです。

 

膵臓にはもう一つ役割があって、それは消化を助ける膵液を出し、十二指腸に流し込むことです。

 

位置は胃の背後にあり、肺・肝臓・脾臓・腎臓など、多くの臓器に囲まれています。

 

いわば、体の最も億、中央部にある臓器なのです。

 

形状は20センチほどの細長い形で、内部に膵管という管が通っています。

 

膵臓がんは90%以上がこの膵管にできる膵管がんです。

 

大腸がんのリスク要因

大腸がんのリスク要因やなりやすい人のタイプはまだわかっていないことが多いです。

 

確立したリスク要因は喫煙で、それ以外には糖尿病・慢性膵炎・肥満などに疑いがかかっています。

 

膵臓がんの症状

膵臓がんの恐いところは、初期には特徴的な自覚症状がないことです。

 

胃や背中の不快感、食欲不振、体重減少などがメインですが、膵臓がんに限らない、よくある症状です。

 

体の最深部にあって、周囲を多数の臓器に囲まれているため、検査も簡単ではありません。

 

そのため、深く気に留めないうちに症状が進行してしまうことが多いのです。

 

初期は症状がなく、明確な自覚症状が出た時は手遅れということが多い。

 

それゆえ、肝臓とともに「沈黙の臓器」と呼ばれたりします。

 

一方で進行は早く、末期には肺に転移して咳が止まらなくなったり、腹水がたまって悲惨な姿になったりします。

 

最後にはやせ衰えて死に至る恐ろしいものです。

 

膵臓がんの治療

手術、放射線治療、抗がん剤などが用いられます。

 

しかし、比較的早いステージで見つかっても、胃がんなどに比べて生存率は大幅に低く、再発率も高いです。

 

開腹してみるとすでに手術ができない状態で、薬剤による緩和治療となる場合も多いです。

 

膵臓がんの検査

腹部の超音波(エコー)検査とCT検査が主たる検査方法です。

 

これらの検査で十分判定できない場合に、MRIやPETなど他の検査が援用されます。

 

血液を採取して腫瘍マーカーを検査する方法もありますが、初期での検出精度はあまり高くありません。

 

最適のがん検査を選べる病院マッチングサイトはコチラ